タマには自社商品の事を書かねば。
本文とは全くカンケーないのですが。さっき近所で火災報知器がブンブン鳴ってるなーと思ったら、もうワラワラと消防車(8台も!)やらパトカーやら救急車がやってきて、お店の前の道が完全に封鎖されて、ワタシは『Keep Outされた区間の中に入ってしまっているんですけどー・・』って、ビビってたえびろーでございます。何の事は無い、キッチンで発生した煙(すげー大量だったのでしょう)による報知器暴発だったんですが。いやー、ビビったわー。
先日、オーディオ評論家の逆木 一先生が、MOONのプリメインアンプ『240i』について動画で製品紹介をして下さいました。皆さん、観ているんですねぇ。お店にも『いやー、動画みたんだけどさっ!』っていうお問い合わせがあったりして。この240iは個人的に大変気に入っているアンプなのです。今日は4連休初日の雨天だから、きっと平和(ヒマではない)な1日だろうなー、と思いましてね。やってみましたよ、気になっていたシステムでの試聴。

逆木先生の動画はコチラ


電源を入れると、こんなアナウンスが。こういうトコロ、けっこう可愛いヤツです。

お店のメインステージはroonでデジタルファイル音源を送り出しています。今日は並行してノートPCで240iにシグナルを送りました。久しぶりにAudirvanaを開いたな・・

240iの何が素晴らしいって、フォノイコもDACも初めから内臓しているって事でして。コレらがまた十分に優秀なんですよ。あ、USBケーブルがあまりにアレですけど、許して下さい。RCAケーブルは当店イチオシのBJ ELECTRIC製です。

PCM、192kHz/32bitのファイルをキチンと読んでいます。

そしてスピーカーはコレまたお気に入りのDYNAUDIO Emit M20。ペアで¥110,000(税別)というエントリーモデルですが、いやいやコレが侮れないのですよ。

裏の図。

MOONの240iが¥340,000、DYNAUDIOのM20が¥110,000。合計で¥450,000(税抜)。上等ですよ、このシステム。S/PDIF端子にCDプレイヤーからのデジタルシグナルを、USBにはPC。フォノイコ(MM仕様です)があるから、このままアナログレコードも聴ける。逆木先生もおっしゃっていましたが、アンプとしてのポテンシャルは相当高いです。うっかりConfidence20を鳴らしてしまったのですが、ちゃんと鳴ってしまうという。ワタシ、これから自分の店以外のところで『on and on出張試聴会』みたいな事をやることになるかもしれませんが、もう持参システムはコレで決定です。スタイリッシュかつミニマムなアイテムで上質な音楽を生活環境に取り入れたい方、一度ぜひお試しあれ。良い音しますよ。(えびろー)